『Apple Watch(アップルウォッチ)』はiPhoneの自撮りとの相性がすごく良い



自撮り棒にセットしてある
iPhoneの向きが逆じゃないか?と思った方。

これが『Apple Watch(アップルウォッチ)』を使った
新しい撮り方だ。

『Apple Watch』には、「カメラリモート」という
腕でiPhoneのカメラ構図を見てシャッターを押せる機能がある。



iPhoneで自撮りをするときの難点として
iSightカメラ(外側のカメラ)は8メガピクセルの
高画質なのに対し、インカメラは1.2メガピクセルかつ
薄暗い室内撮影にも弱く、モヤモヤっとしたノイズだらけになりがちだ。

高画質なiSightカメラで自撮りをしようにも
構図が見えない、という葛藤があった。

そこで、『Apple Watch』の「カメラリモート」を使えば
iSightカメラ(iPhoneの外面)を手前に向けて
『Apple Watch』をファインダーにして構図を確認。

セルフタイマーシャッターを押してポーズをとり高画質撮影。
ということが可能だ。

大切な思い出写真が、インカメラだとがっかり画質だった・・
という経験のある人は、是非活用したい機能だ。


コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree

サブコンテンツ

このページの先頭へ