『iPhone6/6 Plus』の大画面UI対応アプリが増えてきたぞ!



従来の『iPhone 5 / 5s』よりも画面サイズが
大きくなった『iPhone 6 / 6 Plus』だが、
サードパーティ製のアプリが続々と大画面ならではの
UI(ユーザーインターフェース)対応の
アップデートを開始したようなので
『iPhone 5』の画面と比較しながら紹介しよう。

よく「iPhone 6は画面が大きくなっただけ」という
早とちりレビューを散見するが、それはアプリ側が
『iPhone 6 / 6 Plus』の大画面にまだ対応しておらず
『iPhone 5 / 5s』向けのものを単に拡大表示しているからだ。

発売から3週間がたち、サードパーティ製アプリが
続々と大画面対応のアップデートを開始しているので
AppStoreをチェックしてみよう。

「iPhone 6 / 6 Plus に対応しました。」という
内容のアップデートがきていたら、それは大画面に対応したということだ。

『iPhone 6 / 6 Plus』の大画面に対応したアプリを紹介


「Newsify」 左:iPhone 5 / 右:iPhone 6


いずれも、大画面を広々と使うという
アップデートに留まっているが、画面に
表示される情報量が多いことは何かと便利だ。

あとは、上部にある操作系ボタンを下部に配置するなど
片手操作を意識したUIを期待したいところだ。
おそらくデベロッパーはそのあたり模索中と思われる。

引用(ライター:やまびこ)


コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree

サブコンテンツ

このページの先頭へ